【Minecraft】建築の基本を知ろう【Switch版対応】

もくじ

建築は基礎作りが大切

建物を作るとき、いきなりブロックを置きはじめると、ドアや窓を取り付けるときになって思うようにならず、作り直したくなってしまうことがある。そうならないためには、最初に、縦横それぞれ何ブロックくらいの大きさにするかなどを決めよう。まずは地面に基礎を築いて扉などを仮置きしてみよう。

ちなみに、はじめて建築するけど、どんな家を作ればいいのかわからない……。という方ならこちらの記事もあわせてどうぞ!

【マイクラ建築講座】はじめての家を組立図を見ながら作る【超初級】

まずは地面に基礎を作る

地面を掘って、建物の大きさに木材や石材を埋めて広さやブロック数を測っておく。

ドアや窓を仮置きして確かめる

ドアや窓などを仮置きしてみて、問題がなさそうなら作りはじめよう。

置くアイテムを考えて家の広さを決める

作業台、かまど、調合台、チェスト、金床、大釜などひととおり置くためには、最低でも5 ×3程の広さが必要だ。この広さに壁を足した7× 5 ブロック分の広さを基準に家を作ると、ゲームを進めても長く利用できる。

5 ×3ブロックの広さを確保しておく

将来性を考えるなら、最低でも5×3ブロック分の広さを確保して家を作ろう。

高い建物を作るには柱から

高い建物を作るには、柱を先に組むと効率が上がる。柱を作ったあと飛び降りるときにダメージを受けたくなければ、水を引いておくのもいい。水に落下すればダメージは受けないからだ。

柱を作っておく

最初に家の4隅に柱を立てる。

柱を基準に壁を作る

壁を作るときに行き過ぎたり足りなくなったりということが防げるため、作業しやすくなる。

ブロックを高く積み上げるコツ

高い柱を作るときは、Spaceキーを押しながらジャンプし、空中に浮いているときに真下へブロックを置く。すばやい操作が必要だが、タイミングをつかめばすばやく柱を作ることができる。

まずはブロックの上に乗る

柱を設置したい場所にブロックをひとつおき、その上に乗り真下を向く。

ジャンプしてすぐに真下に置く

Spaceキーでジャンプしたあとすぐに、真下にブロックを置く。次々と繰り返すことで、高い柱を早く作ることができる。

チェストの真上に置けるブロックは?

チェストの上に木材や石材などのブロックを置くと、開けられなくなってしまう。チェストの上に何かを置きたいときは、ハーフブロック、ガラスブロック、階段ブロックを使おう。こうしたブロックであれば、上に設置しても開けることができる。

チェストの上に木材を置くと開けられない

チェストの上に木材を置いてしまうと開けることができず、中の物を取り出せなくなる。

ハーフブロックなら大丈夫

ハーフブロック、ガラスブロック、階段ブロックなら、下のチェストを開けられるようになる。

階段を設置するときのコツ

基準となるブロックの下半分にカーソルを合わせて右クリックすると、順方向に設置できる

壁に沿って階段ブロックを設置しようとするとき、下半分にカーソルを合わせて右クリックすると、順方向に階段を設置することができる。

上半分を右クリックすると逆方向に設置される

壁の上半分の位置を右クリックすると、階段ブロックが逆向きに設置される。

屋根をきれいに作るコツ

建物の屋根は、階段ブロックを使うときれいに見える。さらに、屋根の下側に階段を逆向きに設置することで、凹凸感のない屋根に仕上がる。

階段ブロックで屋根を作る

屋根の上部に階段ブロックを設置すると、きれいに見えるようになる。

屋根の裏に階段を逆向きにして設置する

さらにひと工夫して、屋根の裏側に階段ブロックを逆向きに貼りつけよう。凹凸感の少ない見た目に仕上がる。

ガラスブロックはガラス板にして節約しよう

砂はかまどで製錬することで、透明な「ガラスブロック」になる。ガラスブロックは、建物の内から外を見ることができるため、おおよその時刻を知ったり、天気を把握したりといったことができるようになる。もし、大量のガラスを使いたいのに近くに砂がないという場合には、ガラス板を作ろう。6 つのガラスブロックから、16 個のガラス板が作れる。

作業台でガラス板を作る

かまどでガラスブロックを製錬したあと、作業台でガラスブロックを6つ並べると、16枚のガラス板を作ることができる。

ガラス板の窓にできる隙間が気になるときは

となりにドアがあるときなど、ガラス板を設置しようとしても半ブロック分の隙間が空いてしまうことがある。そんなときは、ガラス板ではなくガラスブロックを使えば隙間なく設置できる。

ガラス板では隙間ができる

となりにドアなどのブロックがあるとき、ガラス板を設置すると半ブロック分空いてしまう。

ガラスブロックなら隙間がなくなる

ガラスブロックを使えば隙間なく設置できる。場所によってガラス板とガラスブロックを使い分けよう。

天井やガラス板にたいまつは設置できない

たいまつは天井には取りつけることができない。壁か床に設置する必要がある。どうしても天井に照明を取りつけたければ、グロウストーン、ジャック・オ・ランタンといったブロック型の照明を使おう。

天井に取りつけようとしても反応がない

たいまつを持ち、天井にカーソルを合わせて右クリックしても反応がない。取りつけるには壁か床を選択する。

ガラス板にもつけられない

ガラス板やハーフブロック、階段ブロックにもたいまつを取りつけることができない。木材や石材、土、砂といったブロックであれば取りつけられる。

足場で高いところの作業をしよう

足場は簡単に積み上げることができる特殊なブロック。一つ設置したら、あとは同じ場所をずっとクリックし続けるだけでどんどん高く積み上がっていく。積み上げた足場に登って作業しよう。降りるときは Shift キーを押せばOKだ。普通のブロックを使うより素早く昇降できるので、建築にうってつけだ。

竹を使って足場を作る

竹×6と糸×1から6つの足場が作れる。

足場を積み上げよう

他のブロックと違って、足場は設置した一つ目の地面辺りをクリックし続けるだけで積み上がってくれる。

スイスイ登っていこう

足場の上では、ジャンプやしゃがみのキーを押しっぱなしにしているだけで自動的に昇降できる。Shift キーを押すと降りてしまう。

足場を広げよう

足場ブロックの上辺をクリックしつづけるとどんどん横に伸びていく。作業する場所に合わせて広げていこう。

横に広げられるのは6ブロックまで

6ブロック以上広げようとすると足場がどんどん落ちていき、その落ちた足場はそのまま積み上がっていく。

足場を回収する

作業が終わったら、一番下にある足場を壊そう。すると積み上げた足場を一気に崩すことができる。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL