【マイクラ建築講座】潜水艦ハウスを作る【設計図付き】

海の冒険に出かけるための拠点にぴったりな潜水艦ハウスをつくってみよう! 青い海とマッチする黄色いブロックでつくると目立つぞ!

潜水艦に乗り込もう!

建築物なので動かないけれど、海の拠点としては雰囲気抜群! 中に入ると最低限の家具を設置できるスペースが確保されているので、海への冒険の拠点として活躍する。

潜水艦へは上部から乗り込むことができるぞ。
中は最低限の広さ。冒険に必要な家具を設置してみよう。

水面の3 マス下からつくりはじめよう!

図のように「黄色のテラコッタ」で土台をつくる。
「赤色のコンクリート」を3 マス置く。
「黄色のコンクリート」を4 マス置く。
図の場所に「黄色のテラコッタ」を5 マス置く。
「黄色のテラコッタ」を1 マス足す。
ひとつ前の手順で置いた「黄色のテラコッタ」の上に「黄色のテラコッタ」を5 マス置く。
図の場所に「赤色のコンクリート」を2 マス置く。
図のように「赤色のコンクリート」を左右4マスずつ置く。
「黄色のコンクリート」を2 マス置く。
図の場所に「レッドストーンランプ」を置く。
ランプの周りに「黄色のコンクリート」を3マス置く。
図のように「黄色のコンクリート」を2 マス、「橙色の色付きガラス」を1 マス置く。

内装をつくろう

図の場所に「レッドストーンランプ」を2 マス置く。
「黄色のコンクリート」を2 マス置く。
「黄色のコンクリート」の両隣に「橙色の色付きガラス」を置く。
「レッドストーンランプ」に「レバー」を付ける。
「シラカバの木材の階段」を置き、椅子をつくる。真ん中に置いた「レバー」を右クリックしてランプを光らせる。

手前の壁をつくろう

図の場所に「金ブロック」を3 マス重ねる。
「金ブロック」に「はしご」を3 マス付ける。
図のように「黄色のコンクリート」を4 マス置く。
「赤色のコンクリート」に「赤色のコンクリート」を4 マス付ける。
「赤色のコンクリート」を1 マス置く。
「金ブロック」を5 マス置く。
図のように「ガラス」と「板ガラス」を置いて窓をつくる。
「金ブロック」を2 マス置く。

反対側をつくろう

反対側に回って、「黄色のコンクリート」を4マス置く。
「金ブロック」を5 マス置く。
「赤色のコンクリート」に「赤色のコンクリート」を4 マス付ける。
「赤色のコンクリート」を1 マス置く。
図のように「ガラス」と「板ガラス」を置いて窓をつくる。
「金ブロック」を2 マス置く。

潜水艦のうしろ側をつくろう

図の場所に補助ブロックを3 マス置く。
補助ブロックの上に「アカシアの木材の階段」を3 マス置く。
補助ブロックを壊す。
図の場所に「黄色のテラコッタ」を1 マス付ける。
「黄色のテラコッタ」を6 マス重ねる。
図の場所に「黄色のテラコッタ」を1 マス付ける。
「黄色のコンクリート」を3 マス重ねる。
図の場所に補助ブロックを置く。
補助ブロックに「黄色のコンクリート」を1マス付ける。
補助ブロックを壊す。
補助ブロックを2 マス置く。
補助ブロックの上に「シラカバのフェンスゲート」を2 マス置く。
補助ブロックを壊す。
補助ブロックを3 マス置く。
補助ブロックの上に「アカシアのフェンスゲート」を2 マス置く。
補助ブロックを壊す。
Shift キーを押しながら「シラカバのフェンスゲート」の下に「アカシアのフェンス」を1マス付ける。
図の場所に補助ブロックを置く。
補助ブロックの上に「アカシアのフェンスゲート」を1 マス置く。
補助ブロックを壊す。
「アカシアのフェンスゲート」の両隣に、Shift キーを押しながら「アカシアのフェンス」を付ける。さらに下にも「アカシアのフェンス」を置く。

潜水艦の入口をつくって完成させよう

図の場所に「金ブロック」を6 マス置く。
下に付けた「はしご」を上に延ばしておく。
図のように「金ブロック」と「黄色のコンクリート」を置き、「アカシアの木材のハーフブロック」を置く。
「干草の俵」を4 マス置き、その上に「金ブロック」を置く。
「金ブロック」に付けた「はしご」を延ばしておく。
図のように「木のトラップドア」を1 マス置く。
図の場所に「シラカバのフェンス」を2 マス重ねる。
「シラカバのフェンス」の上に「シラカバの木材のハーフブロック」を1 マス置く。
「シラカバの木材のハーフブロック」に補助ブロックを2 マスつける。
補助ブロックを利用して「アカシアの木材の階段」を付ける。
補助ブロックを壊したら、完成!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL